HOME > こだわり

こだわり

美味しく食べてもらいたくて、ちょっとした米知識

 

皆さんはお米ってどう管理されていますか? ? ?

お米を買ってきたらそのまま袋に入れっぱなしだったり、必要以上に買いだめしたり。。。

でも、そんな保存方法ではおいしいお米が炊けないばかりか、虫や菌の発生につながることもあります。

ここでは、お米を正しく保存する方法をご紹介します。

まずは買うとき気をつけること。

それは、必要以上に買いだめしないということ。

一度にたくさん買ってしまうと、食べきるまでに時間がかかってしまいます。

お米にも鮮度があるので、時間が経ば経つほどおいしくなくなり、また品質も落ちていきます。目安としては、冬場なら2 〜 3 ヶ月、春秋には1 ヶ月、夏場には2 〜 3 週

間で使いきれる位の量がおすすめ。季節によって量が変わると大変ですが、おいしいご飯を食べるためにもぜひ守ってくださいね。

コメ( 玄米・白米) は賞味期限の表示対象外です。

美味しさを保てる期間は保存状態によって大きく変わるので、一律に期限を設けても意味がないという理由です。

 

白米は、精米した直後から日々味が落ちてきます。日にちが経つと、香りが失われたり、白っぽくなったり、油分が酸化したり、水分が失われてしまいには割れたりして、次第に不味くなります。精米したてがベストであることは言うまでもありませんが、寒い時期なら1 〜 2 か月は特に問題ないでしょう。真夏は2 週間くらい。

それも、最適な環境で保存した場合の話です。

 

飲食店などでは何日も保存することはありませんが、精米機を持っていない家庭で、精米したてのコメを毎日食べるだけ買うことは普通ありえません。

 

精白米は「賞味期限」の表示がない代わりに、J A S 法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」により、「生産年」と「精米年月日」の表示が義務付けられています。

精米年月日から何日後にどの程度味が落ちるか、各家庭の保存条件で経験的に把握しましょう、ということです。

 

ちなみに、「賞味期限」が過ぎた後に「消費期限」がくるわけではありません。

期限表示が義務付けられている食品は、その食品の特性に応じて、どちらかかの期限を表示することになります。

Copyright (C) 2013 HIROZOU.